iPhoneが異常に発熱した時の対処法

iPhone(アイフォン)が異常に発熱した時の対処法

車中にiPhoneを放置し、戻ってきたら異常に熱くて店頭に持ち込まれるという事が最近ありましたので、うっかり車内に放置してしまい発熱した時の対処法をご案内します。

 

これからの時期、直射日光が当たる場所や車内などにiPhone(アイフォン)を放置しますと、

暑さによって本体の基板(ロジックボード)が発熱して、触れないくらいすごく熱くなる事があります。

iPhone(アイフォン)が異常発熱した時に絶対にやってはいけない事がこちらになります。

 

~急激に冷やす事をしない~

・冷凍庫に入れる

・冷蔵庫に入れる

・保冷剤で冷やす

など、

熱を持った状態のiPhone(アイフォン)を急激に冷やすとiPhone(アイフォン)内部が結露し、故障の原因となります。

極端な高温下になると表示される

 

ある一定の温度になると、「高温注意」と表示される場合があります。

こちらが「高温注意」のアラート画面です。

ほとんどの操作が不能となり、「故障した??」と一瞬パニックになる人もいるかもしれません。

出来る事は、熱を下げる以外、方法はありません(@_@;)

 

 

 

 

対処法としては

~自然な状態で熱を下げる(冷ます)~

・iPhoneケースを外す

・日陰や風通しのいいところに放置

・アプリが立ち上がっている場合バッテリーに負荷かかる為終了させる

・充電しない

・電源を切って放置

など、iPhone(アイフォン)は気密性が高く、熱が逃げにくいので、ケースなど熱がこもりやすいものは外して頂き、あくまでも自然に”冷ます”という事が非常に重要です。

この対処法で、熱が下がれば普通にiPhone(アイフォン)をご利用できるようになります!(^^)!

 

しかし、

それでも異常な発熱が収まらない場合は、故障している可能性もあります。

iPhone(アイフォン)は、身近にある電気製品の中では、群を抜くほどの精密電子機器です。

思っている以上に壊れやすいものですので、お取り扱いには十分注意してくださいね(-“-)

 

Follow me!