iCloudの活用方法

iCloud(アイクラウド)って何??

iPhone(アイフォン)を使っていると1度は目にしたり、聞いたりするiCloud(アイクラウド)ですが、よく分からないという事で使っていない方が多いのではないでしょうか?

SHIELD(シールド)岡崎店に修理でご来店される方でも「使い方がよくわからない」という方が多かったので、iCloudで出来る事を簡単に説明させていただきます。

今回は一番重要なデータのバックアップを分かりやすく説明させていただきます。

 

iCloud(アイクラウド)とは、Apple社が提供しているクラウドサービスです。

iPhoneに保存されたデータ(メールや写真等)を自動でインターネット上に保存して、他の端末(パソコンやiPADなど)からデータにアクセスできるサービスです。

要するにiPhoneの中に入っているデータをインターネット上に保存してしまうという事です。

 

iCloudでできることとして

  • iPhoneをなくしても、ネット上で場所で追跡できる「iPhoneを探す」
  • iPhoneを機種変更・交換しても、今まで通りに復元できる
  • カメラにて撮影・保存した写真をiPadやパソコンに自動転送
  • パソコンで連絡先やメールの編集が出来る
  • アプリの自動バックアップ
  • 設定などシステム全体のバックアップと復元が出来る

パソコンにiPhoneを接続し、iTunesでiPhoneをバックアップする場合と違い、iCloudではバックアップできるデータは限られていますが、一度設定してしまえば自動でバックアップしてくれるので使わない手はありません!

ちなみにiCloudでは、
iTunes Store で購入していない曲・動画はバックアップされません。iTunes Store で購入したコンテンツはStoreから再度ダウンロードできます。
※ Storeから取り下げられた曲やアプリは再ダウンロード不可能です。

 

便利な機能がたくさんありますが、一番の魅力はインターネット上に大事なデータをバックアップできる事ではないでしょうか。

 

iCloudバックアップの環境

iCloudを使ってデータのバックアップをするには、

Wi-Fi環境が必要になります。

自宅にない場合、会社や学校、コンビニや飲食店でも可能ですが、スピードが遅い場合バックアップに時間がかかります。

 

iCloudのバックアップ

連絡先やメモ帳などの基本的なバックアップと

設定データやアプリのデータ、着信音などの全体的なバックアップがあります。

 

バックアップはiCloudをオンにすれば自動的に連絡先やメモ帳などの基本データがバックアップされます。

設定データやアプリのデータ、着信音などのバックアップは自動・手動どちらでもバックアップする事が出来ます。

新しいiPhoneにする時や、修理に出す時は手動でバックアップしておき、新しいiPhoneや修理後のiPhoneで復元すれば、元通り復元できます。

 

iCloudの容量

iCloudには無料で5GBまでのストレージ容量が付いております。

基本データだけであれば5GBでも十分かと思いますが、動画や写真のデータ量が多いと5GBの容量がすぐ無くなってしまします。

「設定」 →「iCloud」を開き「容量」と書かれた右横の数値がiCloudの空き容量になります。

その下のアプリのリストは、iCloudに保存するアプリのデータのオン・オフになります。

5GB中2GB使用中。残りの空き容量が3GBの状態です

 

 

iCloudバックアップをタップ(押す)すると

今すぐバックアップを作成があります。こちらをタップ(押す)すると、バックアップが作成されます。

バックアップはONの状態にしておけば、自動バックアップされます。

 

 

 

 

容量内でバックアップが出来ますと「最後に作成されたバックアップ:時間」が表示されます。

「iCloudストレージに十分な空き容量がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」

という表示が出た場合、データ量が多すぎてバックアップできない状態になります。

空き容量が不足した場合、有料にてiCloudの容量を増やす事が出来ます。

 

 

「設定」→ 「iCloud」→ 「ストレージを管理」に進み、「ストレージプランを変更」をタップ(押す)します。

 

 

 

 

 

 

お好きな容量を選択し、Apple IDのパスワードを要求されるので入力します。

そしてクレジットカードの情報を入力し、「購入する」をタップ(押す)し完了です。

 

 

 

 

パソコンで iTunes に繋げてバックアップするのと違い、インターネット上にデータ保存が出来るため、

iPhone本体が紛失したり、水没・破損による故障時でもパソコンや iPAD などの他の端末からiCloudに

アクセス(共有)出来るので安心です。

 

これからの時期、海水浴やプール、釣りなど水辺に行くことも多くなる季節です。服装も軽装になりますので、水没事故や落下による本体破損等々が増えてきます。バックアップしていないと大切なデータが消えてしまいます。

Wi-Fi環境がご自宅にあるのでしたら、すぐにでもバックアップしましょう!

自宅にWi-Fi環境無くてもコンビニや飲食店、会社や学校等々でWi-Fiに接続してバックアップを取ることもできます。

iCloudでバックアップを取っていればいざというとき安心です!

Follow me!