iPhoneの修理「ガラス割れと液晶不良の違い」を解説!!

ガラスが割れたiPhone

iPhone修理「ガラス割れと液晶不良の違い」を解説!!

iPhone を使用していて、落下や、衝撃によって液晶画面のガラスにヒビが入ったりバリバリに割れてしまった人結構多いのではないでしょうか?

 

所詮ガラスですので、ちょっとした衝撃でも割れてしまうこともあります。

 

畳の上で、正座した状態で膝の上にiPhoneを置いた状態から立ち上がって割れてしまったり、バッグの中やポケットの中で鍵等の硬い物と接触してなどちょっとしたことで割れてしまうという事もあります。

 

ガラスは割れます・・・割れないガラスなんてないんです。

 

画面修理をしたことがある方ならご存知だと思いますが、

iPhoneの画面修理では【ガラス割れ修理】と【液晶交換修理】というのがあります。

お店によっては、画面交換(軽度)画面交換(重度)としているところもあります。

正直なところ、後者の表記のほうが正解かもしれません。詳しくは今から説明させて頂きますね(^O^)

 

まずはガラス割れと液晶不良を確認してみましょう

まずは、ガラス割れとはどういう状態か確認してみましょう!

画面が割れているiPhone

iPhone SEで、上のほうは結構バリバリな状態ですがこちらは表面のガラスが割れているだけですので「ガラス割れ修理」の料金となります。

 

つづいてこちら

ガラスが欠けているiPhone

iPhone6sで、こちらは上部の破損具合が酷く、ガラス片がポロポロ落ちて内部が見える状態になってます。

この状態も、ガラス割れとなりますので「ガラス割れ修理」の料金となります。

このように穴があいたような状態で利用すると水分やホコリが侵入し、最悪基板が故障し電源が入らなくなる場合があります。

※欠損が酷い場合は「液晶不良」扱いとなる場合もあります。

 

続いてこちら

ガラスが割れたiPhone

iPhone6で、こちらは角から落下しヒビが入ってます。こちらもガラス割れとなりますので「ガラス割れ修理」の料金となります

 

 

ココからは液晶不良(液晶破損)の症状を確認してみましょう!

iPhone7液晶破損状態

iPhone7の液晶画面が破損しております。

画面内に黒い部分(右上や左側面など)がありますが、こちらは液漏れを起こしております。液漏れは1か所でもあれば「液晶不良」となります。

それから、画面中心に何本か縦線がはいっていますが、こちらも1本でも線が入っていると「液晶不良」となります。「液晶交換修理」の料金となります。

 

続いてこちら

液晶不良のiPhone

iPhoneSE でガラスは割れてないのですが、液晶画面の右側が全く映っていない状態になってます。こちらは、ズボンのポケットに入れていて扉にぶつかり液晶が破損してしまったケースです。「液晶交換修理」の料金となります。

 

続いてこちら

液晶に傷がついたiPhone

大きく斜めにヒビが入っております。画像では分かりにくいのですがヒビの周りが黄色に変色しております。

これは、ヒビが入ったことでガラス面に段差ができ、液晶画面に圧力や傷がついて変色します。この場合も残念ながら「液晶不良」扱いとなりますので「液晶交換修理」の料金となります。

 

酷くなったのがこちら

ヒビが入ってから継続してご利用頂くとこのようにヒビの周りに黄色い斑点ができる可能性が高くなります。ガラスにヒビが入ることで強度がなくなりタッチ操作の指の圧力でも液晶に負担がかかってこのようになってしまいます。

 

最後に、こちら

液晶画面に白い斑点があります。いわゆるドット抜けといわれている症状です。原因は水濡れや圧力など様々です。こちらも「液晶不良」扱いとなりますので「液晶交換修理」の料金となります。

「液晶不良」には、これ以外にも「変色」「液晶焼け(青色)」等があります。

 

【液晶不良】は、

・タッチが反応しないもしくは反応しない部分がある

・画面に線が入っている

・液晶漏れ(黒色)を起こしている

・液晶画面が黄色く変色していたり、ドット抜けしている

・長期利用等で液晶焼けしている等

上記の症状がある場合は【液晶交換修理】の修理金額となります。

 

ガラス割れ修理も液晶交換修理も修理工程は全く同じ!2種類に別れている理由を解説!

修理で交換するiPhoneパネル

ガラス割れ】も【液晶不良】も、実は修理工程は全く同じなのです。

画面全体のパネルを交換します。

ここで思うのが、

「ガラスにヒビしか入ってないのに液晶まで交換するということ?」

「同じ修理なのにどうして修理費用が違うの?」

と普通なら思いますよね。

 

一言でいえば、液晶「リサイクル出来るかどうか」という事になります。

液晶パネルをリサイクルで引き取ってくれる業者さんがいるのです。

相場として500円~4,000円あたりで引き取ってくれます。

 

「ガラス割れ修理」なら液晶画面がリサイクルできので、修理料金が安くなります。

 

一方、「液晶交換修理」は、液晶画面がリサイクルできず廃棄するしかありませんので、リサイクル出来ない分が上乗せされ修理料金がプラスになります。

 

これが、【ガラス割れ修理】と【液晶交換修理】の2通りある理由です。

 

どの店舗でも差額が2,000円~4,000円くらいあるのはそういった背景があるからなのです。

 

理解はできたけど、「ガラスだけの交換はできないの?」とやっぱり思いますよね。

実は、iPhoneのパネルの構造は、

ガラスパネル・タッチパネル・液晶画面・バックライトと特殊圧着されてひとつのパネルとなってますので、

実際のところお店で「ガラスだけの交換」する事は不可能なのです。

Apple正規店でもガラスのヒビが入ったiPhoneを修理する時はパネルごとの交換します。

修理で取替えるiPhoneの画面

左から 7. 6s. 6sPlus

パネルはごっそり交換しますが、ホームボタンやスピーカー、各センサー等は、もともと付いていたパーツを移植します。

 

ホームボタンは iPhone5s以降、指紋認証(Touch ID)が装備され、セキュリティの関係でもともと付いていたホームボタンでないと指紋認証が利用できないよう内部基板とペアリングされております。

 

iPhone6s/6sPlusまでは、物理的ボタンであった為指紋認証が使えなくてもボタンの機能は使えておりましたが、iPhone7以降は感圧式ボタンになってますので、ボタン機能も使えなくなります。

ホームボタンは壊さないよう注意しましょうね。

 

最後に、

「ガラス割れと液晶不良の違い」なんとなくわかって頂けましたでしょうか?

ガラスが割れた状態でそのまま使っている方、本当に多いです。

液晶不良で修理代金が高くなったり、基板損傷で修理不能なんてこともありますので、どうせ直すのなら早めに修理する事をおススメします(^O^)

 

岡崎、豊田のiPhone修理・買取専門店
SHIELD(シールド)岡崎店
岡崎市井ノ口町和田屋1番地
ランドプラザビル2F
0564-73-0860

 

 

 

Follow me!