iPhoneのバッテリー劣化状態を確認してみよう!

iPhone7のパネルを開けた

iPhoneのバッテリー状態を確認してみよう!

 

iPhoneは、iOS11.3から、バッテリー容量の劣化状態が確認できるようになりました。

まだまだご存じでない方も多々いらっしゃるので、ここでチェックしてみましょう!

ただしiPhone6以降の機種となります。

 

iPhoneのバッテリーは劣化する!

iPhoneのバッテリーは、長年使用していると経年劣化していきます。

iPhoneに使用されているバッテリーはリチウムイオン電池で寿命は2年くらいといわれています。

 

では、劣化するとどのような症状が起きるかといいますと、

  • バッテリーの減りが早くなる
  • 充電残量の表示(%)がいきなり上がったり下がったりする
  • 突然のシャットダウン(十分な充電残量が残っているのに急に電源がおちる)
  • 充電しても充電がたまらない
  • 処理速度が遅くなる(動作が遅くなる)
  • バッテリーが膨らむ
  • リンゴループになってしまう(リンゴのマークから先に進まない)
  • 電源が入らない

バッテリーが劣化しているとこのような症状が発生します。

バッテリーの交換時期なのか判断材料の一つとして、バッテリーの容量チェックを今から確認してみましょう!

 

超かんたん!バッテリーの容量チェック方法!

容量チェックができる条件はiPhone6以降の機種で、iOS11.3以降のバージョンである事。

4ステップで劣化状態が確認できます。

 

①ホーム画面から「設定」をタップ

iPhoneホーム画面

 

②設定画面の「バッテリー」をタップ

iPhone設定画面

 

③バッテリーの「バッテリーの状態」をタップ

iPhoneバッテリー画面

 

④バッテリーの最大容量確認

iPhone

確認して頂きたいのが、「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」の本文です。

 

「最大容量」とは、

新品時と比較したバッテリーの劣化度がパーセントで表示されます。この場合なら、13%容量が縮小している計算になります。

すなわちどれだけ充電しても、新品時に比べて13%分は使えない事になります。

iPhoneは、通常使用でフル充電サイクルを500回繰り返した後も最大容量80%を維持するように設計されているといわれております。

 

 

「ピークパフォーマンス性能」とは、

現時点のバッテリー性能がどういう状態なのかを分かりやすく説明しています。

 

【正常な場合】

本文に、

・お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。

 

【それ以外の場合】

本文に、

・このiPhoneで、必要なピーク電力バッテリーが供給できなくなったため突然のシャットダウンが発生しました。

・お使いのバッテリーは著しく劣化しています。

引き続き使用しても特に問題はありませんが、バッテリーを交換することで快適に使えるようになります。

 

詳しくは、Appleサポート情報iPhone のバッテリーとパフォーマンスをご覧ください。

 

当店では、バッテリー交換なら最短15分でお渡し!

もちろんデータも残した状態です(^^)

 

岡崎市・豊田市のiPhone修理店なら
SHIELD(シールド)岡崎店にお任せください!

SHIELD岡崎店
岡崎市井ノ口町和田屋1番地
ランドプラザビル2F
0564-73-0860
営業時間12時~23時

Follow me!