iPhoneXR まもなく予約開始!手に入れたいなら早めの予約必須!?

iPhoneXR

「iPhone XR」まもなく予約開始!

「iPhone XR」は10月19日(金)16時1分から予約受付、26日(金)に発売されます(^O^)

「iPhoneXS」「iPhoneXS Max」から1ヶ月遅く発売されることになった「iPhone XR」は、2018年モデルの中ではエントリーモデル(廉価版)とされており、「iPhoneXS Max」と比べ40,000円ほど安くなっている。価格は84,800円から。

 

「iPhoneXR」は「iPhoneXS/XSMax」と何が違う?

「iPhone XS」や「iPhoneXS Max」はハイエンドモデルで、「iPhoneXR」はエントリーモデルといわれていますが、「iPhoneXS Max」と、旧モデルの「iPhone8Plus」でスペックの違いを比較してみましょう!

iPhoneXS,XR,8P比較

iPhoneXR、iPhoneXS Max、iPhone8 Plusのスペック比較表
機種名 iPhoneXR iPhoneXS Max iPhone8 Plus
発売日 2018年10月 2018年9月 2017年9月
ストレージ(ROM) 64GB/128GB/256GB 64GB/256GB/512GB 64GB/256GB
メモリ(RAM) 3GB 4GB 3GB
チップ A12 Bionic A12 Bionic A11 Bionic
ディスプレイサイズ 6.1インチ(LCD)
Liquid Retina HD
6.5インチ(OLED)
Super Retina HD
5.5インチ(LCD)
Retina HD
ディスプレイ解像度 1,792 x 828 2,688×1,242 1,920 x 1,080
アウトカメラ 12MP
f/1.8
12MP+12MP
f/1.8(広角)
f/2.4(望遠)
12MP+12MP
f/1.8(広角)
f/2.4(望遠)
インカメラ 7MP
f/2.2
7MP
f/2.2
7MP
f/2.2
重量 194g 208g 202g

 

「iPhoneXR」と「iPhoneXS Max」の大きな違いは?

「ディスプレイ」が違う!

ハイエンドモデルの「iPhone XS/XS Max」は、OLED(有機EL)ディスプレイを搭載。一方、iPhoneXRはLCD(液晶)ディスプレイを搭載。

iPhoneに限らずアンドロイドのスマートフォンでもハイエンドモデルの機種はほとんどがOLED搭載の流れになっています。スマホに限らずこれからはLCDからOLEDにシフトしていく模様。

「アウトカメラ」が違う!

iPhoneXRは12メガピクセルのシングルレンズカメラですが、「iPhoneXS/XS Max」はデュアルレンズで広角+望遠対応。インスタ映えなどカメラをよく使う人やこだわりがある人は要チェックです。

 

ディスプレイとアウトカメラ以外は大きなスペックの差はない!

 

ディスプレイに関しては、旧モデル「iPhone8Plus」と比べ、コントラスト比は「iPhone XR」が高く、数値が高いほど明暗の差を表現できるといわれてますので少しグレードアップした感じですし、LCD(液晶ディスプレイ)で、ベゼルレスデザインなので5.5インチの「iPhone8 Plus」よりも小型でありながらディスプレイサイズは大きくなるのは使い勝手がいいかもしれませんね!

また、最新のA12チップが搭載されているのは大きいです。

「A12」は「A11」と比べると、CPU性能は最大15%の高速化、グラフィック性能は最大50%、消費電力は最大50%少なくなっています。

「iPhoneXS/XS Max」と処理性能は同じですので、ディスプレイやカメラにこだわらないなら「iPhoneXR」コスパに優れた商品ではないでしょうか!

 

「iPhone XR」の人気カラーは?

iPhoneXRカラバリ

人気となるのは、ホワイト、ブラック、レッドあたりではないでしょうか。

ホワイト、ブラックは、プライベートでもビジネスでも問題ないですし、コーディネートしやすい。

レッドは、iPhone7やiPhone8の時と同様に新しい機種が出ると販売終了になる可能性もありレアな感じがありますし、色味もよく男女関係なく人気になるのではないでしょうか。

コーラルは女性に人気があるかもしれませんね。

ブルー、イエローは・・・コメント控えさせていただきますね(^。^)

ちなみに、海外のあるアンケートではブルーがレッドに続いて2番目に人気になっておりました。

 

台風が原因?早期入手なら予約は必須!?

日本列島を襲った台風21号によって、「iPhoneXR」の生産に少なからず影響を及ぼしていると。
JDI(ジャパンディスプレイ)が担当する「iPhoneXR」のLCD(液晶ディスプレイ)が、今回の台風災害で多少なり打撃を受けたことで、生産が遅れているとのうわさも。

「iPhoneXR」はベゼルレスデザインでFace IDのモジュールを採用していることから、今までと違い組み立てがより複雑になっているといわれてます。

世界的に需要の高さが予測されているだけに早めに入手したいのであれば予約は必須ではないでしょうか。

 

Photo:apple

岡崎、豊田のiPhone修理・買取専門店
SHIELD(シールド)岡崎店
岡崎市井ノ口町和田屋1番地
ランドプラザビル2F
0564-73-0860

 

 

 

 

Follow me!